2015年08月10日

「JPX日経インデックス400」の入れ替え発表 新規採用銘柄/除外銘柄は?


8月7日、「JPX日経インデックス400」の構成銘柄の入れ替えが発表されました。

今回除外されるのは42銘柄、新たに採用されるのは43銘柄。
8月31日から「JPX日経インデックス400」は、入れ替え後の銘柄で算出されます。



スポンサー

構成銘柄の一部が上場廃止になったため、「JPX日経インデックス400」は400銘柄未満で算出されていましたが、入れ替え後は400銘柄に戻ります。

「JPX日経インデックス400」を上場市場別にみると、東証1部が392銘柄、東証2部が1銘柄、東証マザーズが1銘柄、ジャスダックが6銘柄となります。


■新規採用される銘柄
大林組、清水建設、三井住友建設、ミクシィ、日本M&Aセンター、クックパッド、綜合警備保障、プレサンスコーポレーション、ネクソン、大王製紙、住友化学、日油、コーセー、日本ガイシ、神戸製鋼所、三和ホールディングス、三協立山、イーグル工業、NEC、日立国際電気、アルプス電気、日本航空電子工業、エンプラス、東海理化、日本精機、トプコン、オリンパス、パイロットコーポレーション、ヤマハ、東京エレクトロン、セイコーホールディングス、日本瓦斯、ヤオコー、SBIホールディングス、ジャフコ、損保ジャパン日本興亜ホールディングス、カブドットコム証券、MS&ADインシュアランスグループホールディングス、東京建物、スターツコーポレーション、南海電気鉄道、日本郵船、カナモト

■除外される銘柄
東芝プラントシステム、日清製粉グループ本社、アコーディア・ゴルフ、日本マクドナルドホールディングス、パル、インターネットイニシアティブ、昭和電工、東亜合成、日本触媒、東洋インキSCホールディングス、もしもしホットライン、東燃ゼネラル石油、出光興産、JXホールディングス、鬼怒川ゴム工業、日本電気硝子、ニチアス、大同特殊鋼、日本製鋼所、LIXILグループ、ジーテクト、栗田工業、SANKYO、東芝、ジーエス・ユアサコーポレーション、カヤバ工業、大同メタル工業、エフ・シー・シー、三菱食品、エフピコ、山善、コメリ、ユニーグループ・ホールディングス、Jトラスト、アイフル、リコーリース、日立物流、上組、コナミ、ヤマダ電機、王将フードサービス、アークス



スポンサー

※「JPX日経インデックス400」とは

「JPX日経インデックス400」は、日本経済新聞社と日本取引所グループ、東京証券取引所の3社が共同で開発し、運営する株価指数。
構成銘柄の選出には資本効率性を示す自己資本利益率(ROE)などを用い、投資魅力の高い400銘柄で構成している。 
posted by 自称 優待投資家 at 09:10| JPX日経インデックス400