2012年06月04日

3333 あさひ  そろそろ買い時! その訳は? 株主優待情報も!

円高関連銘柄の 3333 あさひ が買いどき到来か?

複数の株式サイトで推奨されている 3333 あさひ が買い時を迎えています。

本日、6月4日の東京株式市場では、前場で50円安まで値下がり。

ココまで値下がりした訳は、「5月イオンの自転車専門店4倍」 の記事と 「投資環境の悪化」。




スポンサー


5月22日の日経新聞によれば、

>「イオンが自転車専門店4倍」で競争激化懸念 

>後場に入って一段安となり、前日比48円(3.3%)安の1419円まで下落した。
>総合スーパー(GMS)のイオン(8267)について「2012年度は商店街などに自転車店を約140増やし、店舗数を4倍にする」と報じた。これまでもイオンは専門店強化の姿勢を示していたが、あさひにとって競争が一段と厳しくなるとの懸念が改めて高まったという。
>あさひの店舗数は4月20日時点で284店舗。

>市場では「あさひは修理や部品交換など高収益を支えるアフターサービスで競争優位性を保てるかがカギになる」との声があった。


ただ、決算は絶好調。

>あさひ、単独税引き益13%増 12年2月期

>あさひが2日発表した2012年2月期の単独決算は、税引き利益が24億円と前の期比13%増えた。主に関東地域で出店攻勢をかけ、店舗数が大幅に増加。昨年3月の東日本大震災をきっかけに自転車通勤への関心が高まったことも、既存店の売上高を押し上げた。

>好業績を受け、前期の年間配当は10円と2円増配した。

>前期の売上高は前の期比24%増の355億円。フランチャイズ(FC)を含めた店舗数は275店と前の期から45店増えた。自転車は一般車のほか、通勤用にスポーツタイプの販売が好調だった。

>13年2月期も積極出店を続け、関東地域を中心に40〜50の新しい店を出す。

>売上高は前期比17%増の417億円になる見通し。

>前期に過年度分の給料手当等を特別損失に計上した反動もあって、税引き利益は28%増の30億円と伸び率が大きくなりそうだ。


ちなみに、以下は株主優待情報です。
参考にしてください。


■ 株主優待情報(2012年2月現在)

権利確定 権利確定 2月20日・8月20日

優待内容
自社全店舗(インターネット通販の一部を除く),FC店で利用できる優待券(1,000円)

100株以上 2枚
500株以上 5枚
1,000株以上 10枚
5,000株以上 20枚





スポンサー

posted by 自称 優待投資家 at 10:45| Comment(0) | あさひ  3333