2012年02月24日

マツダ 7261 公募を発表  価格や払込日はいつ?

新たに発行する普通株は最大12億1900万株。
増資後の発行済み株式総数は最大68.5%増える見込み。
発行価格は3月5日から8日の間に決定。
払込期日は3月12日から同15日までの間となる。




スポンサー

2月22日、マツダ 7261 は、最大約1628億円の公募増資を決議したと発表。
希薄化率は最大で約40%にも届く巨額増資となります。

さらに、三井住友銀行などから劣後ローンで700億円を調達するようです。

劣後ローンは、主力取引銀行の三井住友銀のほかに、政策投資銀行や地銀などが引き受ける予定。
劣後ローンは調達額の半分について資本性が認められるため、格付け維持につなげることができるというメリットもあります。

劣後ローンの返済の優先順位は低いが利率は通常の貸し出しよりも高く設定されます。
取引銀行団は支援姿勢を明確にした格好になります。
だ。

円高の進行に加えて、東日本大震災やタイ洪水が打撃となって財務体質が悪化しているため、調達によって成長資金を確保するとともに、環境変化に対応できるよう自己資本を強化する…。

調達資金のうち400億円はメキシコ新工場の建設や、ロシア・ASEAN(東南アジア諸国連合)での設備投資などに充てる・・・。

環境対応車の製造設備投資に300億円、内燃機関や電動化技術などの研究開発などに928億円それぞれ投じる・・・。


新たに発行する普通株は最大12億1900万株。
内訳は国内募集が7億9500万株、海外募集が3億0475万株、需要によって追加募集するオーバーアロットメント分は1億1925万株。

増資後の発行済み株式総数は最大68.5%増える見込みです。

発行価格は3月5日から8日の間に決め、払込期日は3月12日から同15日までの間になるとのこと。




スポンサー
posted by 自称 優待投資家 at 10:37| Comment(0) | マツダ 7261 公募を発表