2011年05月26日

5月26日 太平洋セメント(5233)が上昇 そのわけは

5月26日 太平洋セメント(5233)が上昇 そのわけは

5月26日 木曜日の東京株式市場で、 太平洋セメント(5233)が上昇しました。
終値は149円 で6円高。
高値は150円までありました。



スポンサー

太平洋セメント(5233)の株価が上昇した理由は、「メリルリンチ証券が、投資判断『買い』と目標株価180円を据え置いたこと」が手掛かり材料になった様子。

メリルリンチ証券が投資判断を「買い」とし、目標株価180円を据え置いたわけは、構造改革によって2期ぶりに最終黒字化を達成した前期に続き、採算性向上による増益トレンド継続を予想していること。

また、2011年3月期決算を受けて、リストラ実施後のコスト削減効果で、メリルリンチ
証券は業績予想を「12年3月期営業利益260億円→280億円」「13年3月期営業利益313億円→383億円」と予想しているようです。

また、ネットなどで掲載されている情報をみると、
「地震の影響で遅れているセメント値上げは、石炭価格上昇を相殺する」
「海外については、米国は建設市場回復の遅れから赤字幅の削減に留まると想定するも、ベトナムは第2ラインが本格的に寄与する」
「5月以降のセメント国内出荷は前年比でマイナスに転じる可能性が高く、短期的には株価にネガティブとなるも、首都圏での建築工事の堅調維持などによってマイナス幅は限定的になると思われる」
などといったメリルリンチ証券のコメントがありました。




スポンサー
posted by 自称 優待投資家 at 20:05| Comment(0) | 太平洋セメント(5233)