2011年05月23日

太陽光発電関連銘柄  2011年(平成23年)の主要テーマに!

太陽光発電関連銘柄  2011年(平成23年)の主要テーマに!

5月23日に、「政府は仏ドービルで開く主要8カ国(G8)首脳会議(サミット)で表明するエネルギー政策に、2030年までに全ての新築ビル・住宅の屋根に太陽光パネルを設置する構想を盛り込む方向で調整に入った」などと報じられています。

太陽光パネルの設置拡大は、再生可能エネルギーへの取り組み強化の具体策の1つで、技術革新で太陽光発電のコストを大幅に引き下げて普及を促す考えを持っており、「太陽光発電 関連銘柄」「再生可能エネルギー関連銘柄」には、収益拡大への期待感が高まっています。



スポンサー

▼太陽光発電関連銘柄 一覧

◎三晃金属工業 【東証1部:1972】
ソーラー屋根部門の売上高は現時点で全体の数%程度にとどまっていますが、事業拡大期待が高まっています。

◎トクヤマ 【東証1部:4043】
太陽発電のセル(パネル部分)には、単結晶または多結晶のシリコン基盤が用いられています。
トクヤマ(4043)は、原料の金属珪素を精製・析出して、多結晶シリコンを作っていますので、「太陽光発電関連銘柄」として注目されています。
ソーダ化学発祥で自家発電が強み。半導体用主体の多結晶シリコンは世界3位級。

◎カネカ 【東証1部:4118】
カネカ(4118)は、アルファモス(非結晶)と薄膜多結晶とうい2種類のシリコンを用い、変換効率を高めた「「ハイブリッド型太陽電池」を開発しています。
そのため、「太陽光発電関連銘柄」として注目されています。
このほかでは、医薬・食品素材が収益柱になっています。

◎エヌ・ピー・シー【東証マザーズ:6255】
太陽電池モジュールの製造装置で世界首位のレベル。
2010年9月にドイツの太陽電池製造装置メーカーの事業を買収するなどしており、「太陽光発電関連銘柄」として注目されています。

◎旭硝子【東証1部:5201】
結晶シリコン型太陽電池のカバーガラスおよび薄膜用硝子で高い競争力を誇っています。

◎石井表記 【東証2部:6336】
原材料のシリコンを薄くスライスした「ウエハ」という素材を作っています。
この「ウエハ」に電極等を取り付けると太陽電池になります。

◎アルバック 【東証1部:6728】
太陽電池製造用装置を手がけています。

◎シャープ 【東証1部:6753】
家庭用の太陽光発電パネルを手がけています。
太陽光発電のパネルの中では、コストパフォーマンスが高く、注目されています。

◎京セラ【東証1部:6971】
京セラも家庭用太陽光発電パネルを手がけています。

◎リンテック【東証1部:7966】
太陽電池用バックシートが品質・価格面で優れており、売上の拡大が期待されています。



スポンサー
posted by 自称 優待投資家 at 20:01| Comment(0) | 太陽光発電関連銘柄