2011年09月11日

2011年9月9日 SQ値は?


2011年9月9日は株価指数オプション9月物の特別清算指数(SQ)算出日です。
SQ値は 8732.49円でした。


本日の東京株式市場は、メジャーSQの算出日。
メジャーSQの算出を波乱なく終えた後は前日終値付近でのもみ合いとなり、日経平均は一時8,800円台をつける場面もありました。
しかし午後に入ると売りが優勢となり、ほぼ安値圏で引けました。

相場の地合いを悪化させたのは機械株の急落で、ファナック(6954)が7%を超える大幅安(ファナック1銘柄で日経平均を約35円押し下げた格好です)になったのを筆頭にナブテスコ(6268)、コマツ(6301)、SMC(6273)、住友重機(6302)などが軒並み急落となりました。

これは、前日発表された8月の工作機械受注が8カ月ぶりに1000億円台を下回ったことで設備投資の先行き懸念が強まったことが背景にあります。


■ その他、東京株式事情の指数

日経平均            8,737.66 (▼55.46)
日経225先物         8,650 (▼80 )
TOPIX            755.7 (▼ 1.71)

売買高            22億0896万株(概算)
売買代金        1兆6636億6700万円(概算)

東証一部
値上がり銘柄数          691銘柄
値下がり銘柄数          818銘柄
変わらず             147銘柄
比較できず            12銘柄
騰落レシオ           99.80%  △6.89%

為替(15時)          77.5円/米ドル


■過去(平成23年)のSQ値

1月14日    SQ値  10,470円
2月10日    SQ値  10,561円。
3月11日    SQ値  10,286円
4月 8日    SQ値  9,612円
5月13日    SQ値  9,758円38銭
6月10日    SQ値  9553円69銭
7月8日     SQ値  1万0225円
8月12日    SQ値  9054円49銭
9月9日    SQ値は 8732円49銭



スポンサー

■ SQとは
SQとは、日経225先物やTOPIX先物などの株価指数先物取引、または株価指数オプション取引などの最終取引値のことで、最終決済日の始値を元に算出されます。


■SQが近づくと、なぜ市場はSQを意識し始めるのか
通常の取引では、先物価格は金利分だけ現物の価格よりも高くなっています。よって、日経225先物価格は現物の日経平均株価よりも理論上高くなります。

しかし、時として株式市場に強気心理が広がったりすると、先物価格が金利分を上乗せした理論価格をさらに上回って取引されるケースが出てきます。
そのような時に、割高な先物を売って(売り建て)、割安な現物を買うという価格差を狙った裁定取引が組まれます。

「先物売り・現物買い」という裁定取引のポジションが最終売買日まで持ち越されると、SQによって強制的に「先物売り」のポジションが清算されるため、その見返りとなっている「現物買い」のポジションも反対売買の売り(現物)となって市場に出てきます。

※ 「幻のSQ」とは、
幻のSQ とは、SQ算出日の日経平均株価がSQ値にタッチしない事を指します。



スポンサー
posted by 自称 優待投資家 at 21:59| Comment(0) | 今月のSQ値