2012年10月01日

4508 田辺三菱が続落の理由は?  子会社が証紙張り替えで業務改善命令を受けたのが原



10月1日の東京株式市場で田辺三菱(4508)が続落しました。
終値は 1159円 28円安です。
前場には、前週末比50円(4.2%)安の1137円まで下落しています。



スポンサー





田辺三菱(4508)の株価が下落しているのは、「子会社で血液製剤を製造しているベネシス(大阪市)が、製品を収めた箱に貼られた国家検定の合格証紙を張り替えるなどして不適切に出荷したとして、厚生労働省は28日、薬事法に基づく業務改善命令を出した」ことがきっかけ。

田辺三菱の不祥事は3年半で4度目であり、ネットのコメント欄には「信頼回復への取り組みの最中に起こっており、驚き」などといった意見がみられました。

また、田辺三菱の「業界内における地位低下が懸念される」という、アナリストもおり、コンプライアンス(法令順守)に対する懸念から売られました。




スポンサー
posted by 自称 優待投資家 at 19:09| Comment(0) | 4508 田辺三菱
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: