2012年04月23日

ヤクルト本社(2267) 仏ダノン・グループ TOBの可能性も…!

4月23日の東京株式市場で、ヤクルト本社(2267)が大幅反発しました。

終値は322円高 の3075円。
高値3135円までありました。




スポンサー


仏ダノン・グループがヤクルト本社(2267)と株式買い増しを交渉していることが明らかとなりました。

その内容は、「現在20%のヤクルトへの出資比率を28%まで引き上げる」というもの。

さらに、ダノンは出資比率引き上げだけでなく、常勤役員の派遣や研究開発での連携も検討している模様。

ただ、交渉は難航しているようで、そうなると、ダノンがTOB(株式公開買い付け)で35%程度まで株式を買い増す可能性もあると伝わっています。

TOB実現可能性の高まりで、期待が先行しています。




スポンサー
posted by 自称 優待投資家 at 20:17| Comment(0) | ヤクルト本社(2267) 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: