2011年07月18日

口コミと評判を紹介  安愚楽牧場 牛のオーナー制度

配当が楽しみ 安愚楽牧場 牛のオーナー制度について紹介

■ 安愚楽牧場 牛のオーナー制度とは?

安愚楽牧場では預託法に基づいた黒毛和種牛委託オーナー制度(オーナー制度)を通じて、「投資家と牛を育てる喜びをわかちあう…」という考え方で、運営されています。
預託法とは、消費者の権利と事業者の責務を定めた、「消費者の権利を重視し保護する」法律で、安愚楽牧場のオーナー制度は、その預託法に基づいて運営されています。


■ 安愚楽牧場 牛のオーナー制度 は問題が起きているのか

和牛商法やオーナー制度では、満期時に契約金が支払われなかったり、配当が滞ったなどの被害が報告されています。
安愚楽牧場については、こうしたトラブルはないようですが、将来的に確実に大丈夫だとは言い切れません。
契約にあたって、このことを認識したうえで、万が一「投資資金が回収できなくてもかまわない…」という覚悟で投資しましょう。

安愚楽牧場に関する口コミや評判をサイトの掲示板などでチェックしましたが、契約時の想定利回りと、満期金の支払いは問題なく行われているようです。

ただ、募集する時期により、利回り(配当金)が異なるようなので、事前に資料を取り寄せ、確認してから検討するといいでしょう。

配当金以外にも、牛肉の現物が贈られてくるようなので、配当以外の楽しみも味わえます。
20万円くらいから投資できますので、配当金と送られてくる牛肉を楽しみにして投資している方が多いようです。

以下に、安愚楽牧場のHPで紹介されていた内容をまとめておきました。
参考にしてください。



スポンサー

■ 安愚楽牧場 牛のオーナー制度の流れ

1.投資家からの申し込みがあると、牧場の専門家が黒毛和牛の資質を選定し、優れた繁殖牛を用意します。

2.安愚楽牧場との売買・飼養委託契約申込みをすると、指定の金融機関に契約金の払い込みをします。
この場合の契約金(売買・飼養委託契約金)とは、最初に繁殖牛買取代として、払い込む金額です。契約金の払い込みが終われば、投資家は牛のオーナーになります。

3.繁殖牛は安愚楽牧場で丹精込めて飼育され、経験豊富な受精師によって種付けされ、近代的な飼育設備と技術によって、毎年子牛を生産します。

4. 契約期間内に産まれた子牛を安愚楽牧場が買い取り、子牛の買取代金から飼養管理費を差し引いた金額がオーナーに支払われる利益となります。
※子牛予定売却利益金は、翌年度より契約月の末日に毎年(契約期間内)オーナーの指定金融機関に振り込まれます。

5.委託期間終了時には、繁殖牛は安愚楽牧場が買い受けます。このときの「委託牛買取り金」は、満了期日にオーナーの指定金融機関に振り込まれます。

※「子牛予定売却利益」ならびに「委託牛買取り金」は制度上あらかじめ保証をされたものではありません。詳しくは安愚楽牧場のHPで確認ください。


■ 安愚楽牧場 牛のオーナー制度 QアンドA

※この質問集は、「安愚楽牧場 HP」で紹介されていたものです。
 詳しく知りたい方は、「安愚楽牧場 HP」をご覧ください

Qどうして有利な利益金を得られるのですか
A最大の理由は、大規模牧場経営によるスケールメリットです。1牧場あたりの飼養頭数が多く、労働コスト面で大きな優位性を有しており、高品質な牧草の一括大量購入によりコスト削減ができるのも大規模牧場経営の利点です。

Q子牛予定売却利益金
A契約期間内に産まれた子牛は、安愚楽牧場が買い取ります。この子牛の買取り代金から飼養委託費を差し引いたものが「」で、年に1回オーナーに支払われます。

Q投資した牛が死んだ場合は?
A牛が病気や事故で死亡した場合、安愚楽牧場が保有する代わりの牛をご提供します。また損害保険や、家畜共済保険(一部地域を除く)に加入していますので、万が一の場合にもご安心いただけます。牧場は全国に分散していますので、地震等の災害、伝染病が発生した場合でも損害を最小限に抑えることができます。

Q「子牛予定売却利益」ならびに「委託牛買取り金」の支払いは保証されますか
A毎年お支払いする「子牛予定売却利益金」や契約満了時にお支払いする「委託牛買取り金」は制度上あらかじめ保証されたものではありません。
契約書上は、牛の市場価格が前年比30%以上の下落や為替変動等による飼料価格の高騰によっては「子牛予定売却利益金」や契約満了時にお支払いする「買戻代金」の変更の可能性があると記載しております。しかしながら、こうした変更事例は創業以来一度もなく、「子牛予定売却利益金」ならびに満了時の「委託牛買取り金」はともに 、契約時の予定代金どおりにお支払いさせていただいております。

安愚楽牧場では「配合飼料価格安定基金」に積立を行なっており、飼料価格が高騰した場合は、基金から補填され飼料費の増加分を吸収する仕組みになっています。

Q途中で解約はできますか
A 可能です。契約後14日以内であれば、「クーリングオフ制度」に基づき違約金なしで解約ができます。また、この期間を過ぎた後であっても、いつでも中途解約を行なうことができます。だだし、この場合は、契約金の10%相当額を違約金としてお支払いいただくことになります。

Q税金はどうなるのですか
A「子牛予定売却利益金」は子牛の売買によって生じた利益ですので所得の分類上  雑所得扱いになります。そのため、各自で確定申告をする必要があります。

Q牛の居場所を知ることはできますか
Aお問合せいただければ、オーナー牛の所在を書面でお知らせいたします。


詳細は、安愚楽牧場のHPで確認してください。



スポンサー
posted by 自称 優待投資家 at 19:00| Comment(0) | 安愚楽牧場 牛のオーナー制度とは?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: